景気が回復基調にある今、株式投資のチャンスをねらえ!

株投資はギャンブルと同じだと私は思っています。パチンコ、カジノといった類と同じです。資金に余裕がある人がするべきだと思いますが、最近は主婦の方でも気軽にされているようです。
実際、私自身は資金に余裕があるわけではありませんが、小口の株投資を少ししています。楽天証券を利用しています。情報収集には、自分で情報を集めます。よく雑誌で、株投資の記事が掲載されていますが、参考にしたことはありません。独自の投資哲学で進んでいきたいと思います!

 

昔からパチンコをしていた時も頼ることなく独自でしてきました。それにより人からの情報に左右されることがなく、楽しむことができます。株投資をする時も、自分で情報を集めるので、今は損はあまりしたことがありません。株投資をしはじめたころは、周りの情報に流されて大損をして後悔をしました。この株は絶対にこうなるといった情報を信じて投資をした経緯があります。その時は騙された気分になったので、今は自分で調べたものであれば損しても後悔しないので、それだけでも楽しいです。あっているのか、どうかはわかりませんが、これからもそうし続けます。

 

→「ほんとに儲かる?」株式投資口コミ情報

 

NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)について

NISA

2014年1月から始まったNISA(ニーサ/少額投資非課税制度)は一人につき毎年100万円まで投資における配当や売却益が非課税になるという制度です。
2013年末までの10%の軽減税率が廃止され、2014年から20%の税率となります。
少額投資家には20%は大変負担になるため新たに登場したのがNISAです。
NISAでしたら非課税ですので投資しやすく、今まで投資に興味がなかった人にも投資に興味を持ってもらい、お金を世の中に回してもらおうという制度です。
注意点がいくつかあります。
1度口座を作ったら4年間は他のところで口座をつくることができません。
そのため、どこで口座を作るのかはよく検討しなければなりません。
NISA口座は証券会社や銀行で開設することができます。
証券会社は投資信託、株式を取り扱っていますが、銀行は投資信託しか扱っていません。
そのため、銀行でNISA口座を作った後に、株取引がやりたかったと思っても4年間は変更できませんのでそのあたりは注意です。
手数料については、ネット証券は2014年に限り売買手数料が手数料無料のところが多く、店頭の証券会社、銀行は手数料が高いです。
今はどの証券会社も新規口座開設に伴うキャンペーンを実施しているので一度検討するのもいいと思います。