景気が回復基調にある今、株式投資のチャンスをねらえ!

投資信託を上手にやっていきたいと思うなら、少額非課税制度であるNISAは必要不可欠な存在です。

 

特に、投資信託は初心者にとってはNISAは重要なポイントです。
しかし、上手にやりたいと思っても、投資信託は初心者にはなかなか理解しにくいこともあるでしょう。
投資信託をうまく進めていくコツは、長期投資・長期保有が基本となります。これらに加えて、最近注目されているのは積立投資信託です。

 

積立投資信託は、言葉の通りに少額をコツコツと「毎月積み立てていく」投資スタイルです。
毎月に積み立てる金額は1000円でも5000円でもかまいません。
一度にたくさんの金額を投資するスタイルは、投資の結果がわかりやすいものです。対して、積立投資信託は少額の投資を積み上げてゆくために、投資資金の運用結果がすぐには見えてこないという特徴があります。
しかし、積立投資信託は長期間をかけて進める投資方法です。この方法は長い目で見ていくことが大切です。

 

リスクを抑えながら長期間しっかりと投資することができるのがNISAの特徴です。
長期間をかけて投資をしていく点を考えると、NISAと積立投資信託はとても相性のよい投資スタイルであると言えるでしょう。

 

NISAで利用できる積立投資信託

NISAで利用できる積立投資信託は、大きく分類すると2種類です。
ひとつは、一定額を購入する方法。もうひとつは、一定口数を購入する方法です。
一定額を購入する場合、毎月決まった固定の金額を積み立てることが可能です。
どちらの方法がよいかは個人の判断にゆだねられます。積立金額の管理がしやすい方法を選択するならば、一定額を購入する方法を選択するほうが良いと一般的には言われています。

 

NISAで積立投資信託を活用するコツ

投資信託にそれなりの経験がある場合、個人個人の「やりやすい方法」が確立されていることでしょう。
しかし、はじめてNISAの口座で積立投資信託を利用する場合、上手な活用方法がよくわからないということもあるかもしれません。

 

慣れないうちにお勧めの商品は、比較的少額のものでしょう。それらをいくつか選び、投資しながら、NISAでの積立投資信託に慣れていくとよいでしょう。
値動きやリスクについては、3か月程度様子を見ていればわかるようになるはずです。
気に入った商品が見つかったときは積立金額を大きくするのもよいでしょう。うまく活用できる商品がないときは、他の商品を探してチェックすることも考えるようにしていきましょう。

NISAと積立投資信託は相性が良い記事一覧

税金というものは低いに越したことはありません。NISAで投資信託をしている場合、売却で生まれる利益は非課税になります。これはNISAの特徴です。ここで生まれるひとつの疑問は「NISAの口座で行う投資信託の分配金には税金がかかるのか?」ということです。NISAで非課税の対象となっているものは、「売却で生じた利益」と「分配金から生じる利益」です。よって、基本的に分配金は非課税と考えていてかまいません。...