NISAの非課税の仕組み

税金というものは低いに越したことはありません。
NISAで投資信託をしている場合、売却で生まれる利益は非課税になります。これはNISAの特徴です。
ここで生まれるひとつの疑問は「NISAの口座で行う投資信託の分配金には税金がかかるのか?」ということです。
NISAで非課税の対象となっているものは、「売却で生じた利益」と「分配金から生じる利益」です。よって、基本的に分配金は非課税と考えていてかまいません。
なお、分配金の内に含まれる元本払戻金(特別分配金)は、そもそも税金がかからないものですので、税金について考える必要はありません。

 

分配金で再投資はできるのか?

NISAを利用して投資信託を行っている場合、その分配金を使って再投資をすることは可能なのでしょうか。

 

答えを言えば、一定の条件付きでイエスです。
NISAは投資金額年間100万円まで利用可能というルールがあります。この範囲の中でならば、分配金の再投資は可能です。

 

ただし、NISAが定める100万円という投資金額には、普通分配金だけでなく元本払戻金も含まれています。このことを頭に入れ、投資金額をしっかりと計算して再投資を行いましょう。

 

NISAと分配金受取型ファンドの相性

先に書いた通り、NISAは分配金が非課税であるのが特徴です。
この特徴から言えることは、分配金受取型ファンドとNISAの相性がよいということです。

 

投資信託を行う人の理由はいろいろあります。分配金を月々の小遣いにしたい人もいれば、生活費の足しに利用したいという人もいるでしょう。このような人にとって、分配金で得る利益は重要です。
NISAの分配金を毎月の「ちょっとした財布の足し」にしたい方は、分配金受取型ファンドをチェックしてみるのもいいかもしれません。