去年の株式投資に比べると今は圧倒的に日本株に投資しようとする海外投資家が沢山居ます。

 

今回の参議院議員選挙によって自民党の勝利が確実視されているのでねじれ解消によってアベノミクスによる景気回復政策が押し進められると言う点で投資家は期待していると思います。普通に考えても現在の日経平均株価14000円はまだまだ安いと思っているのでもっと上がってもおかしくないのではと思います。

 

年内には20000円くらいにはなるのではないのでしょうか。その前に8月は株式市場も閑散とし、少し株価も下がるかもしれませんが、秋からはまた本格的に株価も上がる事でしょう。

 

個人的にもそれを期待し、業績重視で良さそうな株を買ってみようと思っています。ただし株が上がっても一般国民の懐が豊かになるにはまだ2年位先まで待たなければお金が回ってこないのではと思います。とにかく今の日本経済を立て直すために国の政策によって経済の活性化と国民の幸福を願わずには居られません。

参議院議員選挙によって株価が上がれば株投資もまた活発になるでしょう/景気と株式投資関連ページ

景気回復時の株式市場
株式投資のリスク
証券アナリストの情報
株式投資口コミ情報